探偵事務所にいじめの調査を依頼した時の体験談

結婚詐欺・いじめ問題・ストーカー対策

親戚の子供にいじめ疑惑

半年前ですが、親戚の方から小学5生の娘さんの事で相談を受けました。

 

その相談内容は娘が小学校でいじめを受けているかもしれないと言う事です。

 

まさかとは思いましたが、娘さんの鞄には自分では付けていないような落書きや水びだしで皺が寄ってしまった教科書が出てきました。

 

私はもしかしたらいじめがあるかもしれないと思い、以前アルバイトの時にお世話になった探偵事務所にお願いする事にしました。

 

探偵事務所で今回の件を相談しますと、いじめと思える証拠を集める事から始めましょうと言われました。

 

そのために用意していただけた物がキーホルダー型の盗聴器と小型の隠しカメラを渡されました。

 

この機材を使用して娘さんのいじめの現場を捉える事から始めましょうと言う事です。

 

親戚は早速娘さんにばれないようにランドセルに2つほど仕込んでみました。

 

カメラと盗聴器を仕込んでから2週間が経ち、探偵事務所で早速どのようになっているかを確認しました。

 

すると、盗聴していた音声と隠し撮りをしていた映像にはまぎれも無くいじめの現場と思える音声と映像が取れていました。

 

音声では娘さんが必死に止めて欲しいと言っているにもかかわらず、トイレで水をかけられたり、カメラには4人組のグループで誰が主犯格なのかを詳細に映し出していました。

 

その音声と光景を目の当たりにした親戚は声も出ないほどのくやしさと涙を流していました。

 

調査後は・・・

その後の展開としては、法律関連の方々にお任せするしかないようです。

 

探偵事務所はあくまでもいじめの実態を調査するだけですので法的な処置を取る事はできません。

 

そのため知り合いの行政書士や司法書士、もしくは法律家の先生を紹介するしかないと話していました。

 

親戚は躊躇することなく先生を紹介していただき、最悪の場合法的な措置を実行するとまで話していました。

 

結果として、法的な措置を取ること無く示談で終了しました。

 

一応法律家の先生を交えてPTA会議が実施され、証拠とされた映像と音声をもとに加害者側の親を呼び出したそうです。

 

加害者側の母親は私の息子、娘がそのような事を行うはずがないと最初はしらをきっていたようですが、映像と音声を確認しましたらすぐに謝罪したそうです。

 

そして今回の件で、もし今後も同じような事をすれば法的な措置を取ると話し、今回いじめによって駄目になった教科書や服の代金、そして鞄の代金等を請求して終了したようです。

 

その後はいじめも無くなり、娘さんも元気に小学校へ通っているようです。

 

もし皆様の中でお子さんがいじめに悩まされているのであれば、一度探偵事務所に相談されてみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る