結婚調査の探偵 時代に適したご提案を致します

結婚調査・いじめ調査・ストーカー対策

結婚の自由度や晩婚化が影響する結婚調査

現代日本において「結婚の自由度」に対する意識の変化は大きく、若い世代が結婚を意識するか?意識しないか?を昭和の結婚観と比較したならば、結婚意識は極めて低下傾向にあると言えるでしょう。

 

大学卒業を経て独り立ちする年齢から判断するならば、現代の晩婚化は当然の流れとも言えます。

 

いずれにしても結婚をして家庭を持つことが現実的ではないと考える20代を過ごす人物は決して少なくはなく、晩婚・高齢出産などが当然のように選択肢の中に存在する流れにあると言えるのです。

 

そのような時代背景から結婚観は変化し「確実な結婚相手選び」が色濃くなる傾向にあります。晩婚や高齢出産から想定される結婚観は「間違いない相手と幸せな結婚を」という考え方に直結しているようです。

 

やはり、人生の多くに幸福感を得たいと考えたならば「結婚相手を知る」ことの重要性は非常に高いと判断される方は多いと思います。

 

結婚後に結婚相手の隠された人間性や癖などが表れて生理的に受け付けない人物であったならば、大きな不利益と時間のロスにつながってしまうからです。

 

この点において結婚調査を実施し、事前に結婚相手を深く知ることは人生の要所での重要事項の一つと言えます。

 

時代に適した結婚調査を提案する探偵

高度経済成長期の昭和や平成初期の時代には「お見合い結婚」が数多く存在し、結婚相手について情報を得ることは普通に実施されてきました。

 

一方、現代社会の結婚観は「結婚する当人同士のこと」という少々無責任な解釈になり、極論すると「離婚することもあり得る」との前提が大きく存在する結婚という感じすら受けてしまいます。

 

出身地を特定する差別に繋がる調査が目的ならば論外なのですが、結婚相手について多くを知らずに結婚してしまう行為は少々リスクが高いと言えます。

 

いつの時代も結婚する人物の周囲には家族や親戚の存在があり、「当人同士のこと」とするには少々難があると言えるのです。

 

時代と共に変化する結婚観ですが、これが本来の結婚という行為の捉え方と言えるのではないのでしょうか。

 

従来の結婚調査といえば、結婚相手のご家族についての調査であったり、ご親戚の調査であったりと、本人を中心に広範囲な調査を行うのが一般的な結婚調査でしたが、 現代の結婚観を基準とした結婚調査では「結婚相手ご本人の調査を重点的」に実施する結婚調査のニーズが高まってきました。

 

このような変化が生じてきた理由をご説明しますと、将来的にご両親との同居などが前提に存在しないご結婚が増加していることや、晩婚化により確実に結婚相手の情報を把握しておきたいと考える人物が増加したことが大きいと考えられます。

 

そして、身内に関する事前情報を必要とするニーズが減ったため結婚調査で実施する調査範囲が縮小傾向、費用がリーズナブルになったことにより、事前に調査を実施するニーズが増加傾向になったと考えられるのです。

 

 

 

失敗しない結婚に必要な結婚調査

現代社会で離婚率が4人に1人という認識になり、日本人の結婚観が徐々に変化していることは周知の事実となりました。

 

そして、離婚経験者である人物たちの多くは「性格の不一致」や「価値観の違い」などの理由を口にする方が少なく有りません。

 

このような理由を結婚前に事前情報として知り得ていたなら離婚する人生は選択しなかったとも考えられることでしょう。

 

全ては「婚前情報の薄さ」が影響して、結婚後生活していく上で多くの問題が浮上、我慢に我慢を重ねても追いつかない状況になり、離婚を選択するという流れが存在するのです。

 

基本的に離婚を想定しない結婚をするならば、失敗しない結婚生活に役立つ情報、探偵が実施する念入りな結婚調査は有益と考えられます。

 

そして、結婚前に多くの情報をもって交際し、「結婚して幸福になれるか?」を考慮した上で時間を共にするかを考え直すことも可能となります。

 

実際の結婚調査では大きく2種類の調査が存在します。

 

まず、結婚相手である交際人物の素行面を主に確認し「裏表のある人物」であるか?や「特殊な性癖などや趣味」などがないか?確認する結婚調査が存在します。

 

「異性交遊」が盛んな人物であるかの確認や「ギャンブル癖」や「飲酒」等が適度であるかを判断したいと考え、調査をご利用される方が多く存在します。

 

昨今は出会いのカタチが多様化しており、コミュニティーやSNSにお見合いやパーティー等で出会い、交際の頻度が浅い結婚に向かって進行中の方々が増加しております。

 

そのような場面に最適な調査として「素行」を重視した結婚調査が必要と判断される方は多いのです。

 

 

 

更新履歴
トップへ戻る