浮気によって生じる変化

結婚調査 カップル

浮気によって生じる変化

浮気が発覚してパートナーが遅く帰宅する「理由」が理解できた。早く帰宅した日でもスマホを肌身離さず持ち歩きLINEに没頭している。 週末には仕事と理由をつけては長時間外出し、どこで何をしているかわからない。

これらは浮気する人物の代表的な行動パターンです。離婚を意識している人物になるとこのような状況プラス「無断外泊」が頻繁になってくるものです。

本当に全ての行動不明な時間帯に残業や接待をしている人物も存在しますから「かすかな希望」は残っているとは思いますが、答えは「限りなく黒に近いグレー」と判断できるのです。

このような状況になる以前から「パートナーの日常生活に変化」は必ず現れるものです。 もし、浮気相手との仲が急接近した時期が存在したならば「あの時!」と想い返せる期間が存在するものなのです。

一緒にディズニーランドにデートに出かけたり、話題の映画を一緒に観てアウトレットや巨大なショッピングモールでショッピングデートなどの行動は「浮気相手との交際手順としてポピュラー」と言えるのです。

このようなデートを実施するためには必ず「まとまった時間が必要」となりますから、ご相談者である皆さまが「気が付くタイミングは過去に必ず存在」しているものなのです。

もし、夏場に浮気相手と盛り上がったならば「仕事なのに日焼けしている?」等の摩訶不思議な状況が存在するものなのです。

浮気相手からの影響

浮気相手が年下ならば上記した「浮気相手に影響されて表面化する変化」は如実に表れるものです。年上であるパートナーには多少なりと無理が生じるものなのです。

服装に関しても若い浮気相手を意識して変化が出ることが言えますしとにかく「若さ」というキーワードに敏感に日常を送ることとなっているものです。

パートナーが女性ならば夏場の服装として「肌の露出が増加傾向」にあったり、パートナーが男性ならば今までの服装のチョイスからは想像がつかない原色で派手な刺繍入りのポロシャツなどを選んで着るようになるのです。

年の差を埋める努力は浮気されている被害者からすれば「みっともない行為」と判断できるのです。

夏の浮気や不倫の相関図

夏場は気持ちも服装も軽装になり、全てにおいて解放されやすい季節と言えます。

不倫や浮気の相関図も様々なカタチが存在し、「既婚男性と若い女子大生」であったり「既婚女性と独身男性アルバイト」などの代表的な夏のアバンチュール的な図式が表面化しやすい季節と言えます。

既婚者であるパートナーが職場のアルバイトの異性と男女の仲になってしまうケースなどが多く確認される季節と言えるのです。

職業柄サービス業や飲食接客業に従事している人物は、この季節は危険な季節と言えます。パートのおばさんと学生アルバイトが飲食し、意気投合して流れでホテルなどのケースは多く確認されています。

巷で言う「一夜の間違い」と呼ばれる浮気であることが理解できます。

しかし、「パートナーの様子がおかしい」という相談から浮気調査が依頼されたならば「一夜限りのアバンチュール」も浮気の証拠として納めることが業務となっているので、浮気の事実か確認されたならば「大人の責任が追及」される可能性が高いと言えるのです。

 

新着情報