良心的探偵とはどういうことか

結婚調査 カップル

良心的の判断基準

探偵事務所に依頼をしなければならない機会があった場合、おそらく、ご自身にとってのベストの探偵事務所を探したいとお考えになることでしょう。

ベストの探偵事務所と言えるには、ご自身が望むいくつかの条件を満たさなければならないとは思いますが、その中の一つとして「良心的」な探偵に依頼したいとお考えになる方も多いのではないでしょうか。

では「良心的」とは、いったいどのようなことを言うのか?

そもそも、良心的には「誠実なさま」という意味があります。 つまり、その探偵事務所が誠実であるかどうかが良心的であるかどうかの判断基準となる、と考えられると思います。 では、探偵業界における誠実とはいったい何なのか・・・?

誠実さを判断するには

誠実かどうかなどは実際に依頼してみないとわからないこともありますが、依頼前に判断するとすれば以下のような判断基準の例があると考えられます。

①「料金が素人から見てもわかりやすくなっている」

調査にいくらかかるかということは依頼者にとって一番の関心事と言っても良く、これは非常に重要な要素だと思います。 探偵事務所のWEBサイト上にはたいていの場合「調査料金表」が掲載されていますが、仕組みが非常にわかりにくくなっているものがよく見られます。 安いと見せかけて実際の料金がわかりづらくなっている探偵社が多い中で、依頼者にもわかりやすく設定・掲載している探偵事務所は誠実と言ってもよいのではないでしょうか。

②「担当者が疑問や質問に明確に答える」

探偵の調査のことや説明について、一度で全てを理解するのはおそらく難しいです。 ですので、何らかの疑問や質問、担当者に聞きたいことが出てくるのではないでしょうか。 そこで担当者がどのような対応をし、答えを返してくるのかである程度誠実さを判断できるでしょう。

③「料金の支払いが後払いである」

探偵の調査料金は決して安いとは言えず、先払いで大金を事前に払うのはなんとなく不安という方も多いのではないでしょうか。 どちらかと言えば調査を行ってから料金を請求する後払いのほうが誠実と言えます。 また、後払いというのはむしろ探偵側にとってはリスクのある支払い方式です。 こういっては何ですが、依頼者にも不誠実な方がおり、調査を頼んでおきながら最初から料金を支払う気がない悪質な方もいないわけではないからです。

④「態度」

当たり前すぎて本来なら書く必要もないことなのですが、 依頼者に対して上からの物言いをしてしまったり、傲慢な対応をしてしまう人たちがいます。 特にカウンセラーが在籍しているような探偵事務所は要注意です。 せめて探偵はサービス業の一種であるとの自覚を持っている探偵事務所を選んでおいた方が無難でしょう。

「良心的」などと自ら謳う探偵には注意

上記の例のように、良心的=誠実さを見抜くポイントというのはいくつかあります。 これらは実際に相談担当者と電話で話したり、面談で契約の話を実際に行ってみないとわからないことも多いです。

そこで遠慮などせず、いろいろな疑問をぶつけてみてください。 いずれにしろ、実現不可能なことや答えることができないことはその理由も含め、通常の探偵事務所や興信所なら明確に答えることができるはずです。

曖昧に誤魔化そうとしたり、質問・疑問を受けつけずに自社の言い分を押し付ける、などというのは問題外の対応と言えます。

とかく探偵業界は、自社WEBサイト上で美辞麗句を用いる、自画自賛をする、表面上を取り繕う等の例がよく見られます。

良心的などと自ら謳う探偵・興信所を簡単に信頼などせず、自らの目と耳で判断しましょう。 流されて決めてしまうとのちに後悔する可能性が高くなります。

 

新着情報